クーポンのある柏市のお店を探す

クーポンのお店を検索

企業&スポットからのお知らせ

イベント情報

2017-11-21
『第2回ホースメッセin横浜赤レンガ倉庫・横浜ワールドポーターズ』出展
nono・ma equistation
2017-11-17
仙台牛 入荷しました
ミートショップ コヤマ
2017-11-17
本日のお買得情報‼
ミートショップ コヤマ

クーポン情報

2017-10-30
粗品進呈!
セレモニー天来北柏ホール
2017-10-16

菊池社会保険労務士事務所
2017-10-05
500円割引!
Beauty care プライベートサロン

きままに ~今日のkashiwa飯~

「きままに ~今日のkashiwa飯~」は、
柏にある飲食店のおすすめを紹介するページです。
柏で有名なお店や、知る人ぞ知る柏の名店を取材し、
柏市の魅力を再発見しちゃいます!

今回はkashiwa飯13回目!柏にできたての素敵なフレンチ料理のお店をご紹介します!

所属先 柏商工会議所
好きな食べ物 焼肉
趣味 ドライブと映画鑑賞
柏の好きな
ところ
イベントもたくさんあり、昼も夜も楽しめて音楽とスポーツが盛んなところ
最近のブーム

いろんなメロンパンを食す!

目も口も幸せになるフレンチ!

今回は柏駅東口より10分の所にあるレスペランスカヤモリさんにお邪魔しました~!レスペランスカヤモリさんは今年一月にオープンしたばかりのフレンチ料理店です。
KASHIWA飯はじまって以来、初のフレンチにスタッフ一同、なぞの緊張に包まれながら伺いました。(笑)

店内は4人用のボックス席とカウンター席があり、全体で20席程。
ウッドベースのナチュラルな内装とペンダントライトがやさしく照らす、心地いい空間になっております。

こちらが店長の萱森さん。「何でも質問してください。」と今回のお料理やはじめたきっかけについてたくさんお話を聞かせていただきました!
お店をはじめたきっかけを伺ったところ、フランスに一人旅をした際、フランスに住もう!と思い立ち、そのままフランスで生活したのがはじまりだそうです。(!)
突然の決心からフランス語も全くわからないまま、フランス料理店で働き、技術や言語を学んでいったとの事。4年間フランスで生活したのちに日本に戻り、栃木の音羽レストランで働き、地産池消や日本のフレンチ表現を学び、今年1月に地元の柏でレスペランスカヤモリをオープンしたそうです。
萱森さんの行動力に驚きの声しかあげられないスタッフ一同…。
はじめはフレンチということで気張っていたスタッフでしたが、萱森さんの気さくな人柄と話の面白さに、気づいたら緊張感もなくなっていました。

さて、なにを食べようかとメニューとにらめっこ。お昼時に伺ったので、ランチタイムでした。ランチタイムは11:30~15:00(14:00 LO)となっております。
今回はメニューはランチプレートと特別に肉料理と魚料理が楽しめるコースをお願いしました。
※コース料理は季節や仕入れ状況によって内容が変わります。

まずはランチプレート。(1200円/税抜)
1枚のプレートに生け花のように美しく盛り付けられた芸術品と見まがう料理がスッと目の前に出てきました。食べてしまうのがもったいなくなるほどの美しさです。
さりげなく使われる和の食材やあしらわれた葉の盛り付けなどの随所に、日本人ならではの繊細な感性が感じ取れます。
味付けも薄くなく、かといって濃くもなく、絶妙なアクセントのように使われたドレッシングやソースが素材の味を引き立てています。野菜一つ一つに味付けがしてあるかのような感覚は、実は料理長の手の込んだ下ごしらえがあってのもの。
地元の農家から直接仕入れているという野菜そのものの味が引き立つよう手間と時間と情熱を惜しまずかけた賜物です。
南仏ニースでのたたき上げで身につけた、食のエッセンスがコンパクトにまとめられています。これで1,200円という驚きのコストパフォーマンス。食べてみない手はありません!

次はコース料理です。(3,500円/税抜)
まず前菜のアジのマリネサラダ。自然な盛り付けを意識さているとのことで、溢れる緑の中に花が咲いているかのよな盛り付けがとても美しいです。彩り鮮やかな野菜は全て柏産というこだわり。地元の野菜をおいしくいただけるのもカヤモリさんのおすすめポイントでもあります。
じっくり目に焼き付けてからひとくち新鮮なアジの風味が口いっぱいに広がり、それと同時に野菜ってこんなにおいしものだっけ?と今までの野菜のイメージを覆されるような衝撃が。野菜ひとつひとつの味が引き立っていて、どれも味付けをしているんじゃないかという錯覚に陥ります。
サラダに添えられたオレンジのソースは、ニンジンのピューレです。とても甘く、サラダと一緒にたべるとさら食材との相乗効果が!新しさとおいしさで感動してしまいました。

 

次はスープドシャンピニオン。マッシュルームの濃厚なスープです。
3時間かけてじっくり煮込んだブイヨンとマッシュルーム、セロリ、キャロットを使用し、手間隙かけて作られた滋味豊かな一品です。なめらかな舌触りと口にいれた瞬間に心地よく広がる大地の香りを楽しむことができます。
スープに添えられた自家製のクルトンとマッシュルームプードルもスープと一緒にいただくことでさらに濃厚な味わいに変化します。
ここでスタッフは、スープだけではなく、お皿も温められていることに気がつきました。さりげない細やかな気配りもとても印象にのこりました。

次は魚料理ということで、真鯛のポアレです。ポアレとはフライパンにオイルをひき、小麦粉をつけずに表面をカリッと焼く調理法のことです。
真鯛の身がとてもふっくらしているのに皮はパリッと香ばしく、真鯛だけでも美味しく頂けて、ソースを付けても別のお料理のようで色々楽しめて食べられます。
また、添えてある黒キャベツはとても珍しく、初めて食べました。ゴマのチュイールは、パリッと香ばしくおせんべいのようで食感の良いアクセントになってます。
盛り付けも美しく、近くから見たり、すこし遠目から見てみたり。見ているだけでとても楽しいです。

次は肉料理ということで、牛ハツのローストが出てきました。なんという厚さ!見た目から食べ応えがあるのがわかります!
歯応えがあるのに柔らかく、ソースはぶどうの美味しさがいっぱい詰まっており、お肉なのに全然重たくなかったです。
マッシュポテトがトロッとしており、付け合わせのごぼうと甘とうがらしが良い歯ごたえを出していてとても美味しかったです。
ずべてのお料理に共通する事は、野菜などの素材を大事にしているので、素材の一番美味しい火の入れ方や塩分濃度で出して頂くため、そのままでも美味しいし、ソースを付けてまた楽しめる素敵なお料理でした。

最後にデザートが。季節によって旬の素材を使って作られるデザートは、この日は目にも涼しげなガラス細工を思わせました。 口に入れたときも続く、ガラス細工のような繊細でキラキラした感覚は,旬の果物梨を薄くスライスしたもの。ここになんとセロリで作ったグラニテ(カキ氷のようなもの)がかかって何とも爽やかな、突如光が差し込んだような感覚を運んできます。
みるみるうちに融けてしまう儚い美しさがまた趣深いです。
梨のスライスの下には隠れるように白いムースが控えおり、ムースも一緒に食べるとクリーミーで、また先ほどとは違った食感が楽しめました。


最初から最後まで美しい料理に魅了され、スタッフ一同幸せなひとときを過ごしました!ありがとうございました。
スタッフの中には既に再訪問を約束したものもいるようです(笑)
ランチもすばらしいですが、記念日やイベント事にはディナーもおすすめです!いろいろなコースがあるので、気になった方は一度お問合せを!


~~コース料理例~~ ※コース料理は季節や仕入れ状況によって内容が変わります。




ボリュームも味もコスパも全て兼ねそろえたランチプレート、大人気なため、ランチタイムはとても混み合います。
早めの時間に伺うのがおすすめです~!

バックナンバー

No.001 No.002 No.003 No.004 No.005 No.006 No.007 No.008 No.009 No.010 No.011 No.012 No.013
ページの先頭へ